お問い合わせフォーム

LPGフォークリフトのメリットー倉庫作業におススメ

LPGフォークリフトのメリットー倉庫作業におススメ

屋内用の蓄電池式フォークリフトでは、
馬力に限界を感じたことはありませんか?

「もっとパワーとスピードがあれば、早く作業が終わるのに…」といった要望には、LPGフォークリフトがお答えします。
「でも、排気が心配…」という方もご安心ください。
LPGならクリーン燃料だからガソリンに比べて排気が気になりません。

フォークリフトの種類

フォークリフトの動力は大きく分けて2種類あります。

・内燃機関式フォークリフト

ガソリン、ディーゼル、LPGガス、天然ガスなどで動く。

・蓄電池式フォークリフト

バッテリーで動く。
フォークリフトの種類

それぞれのフォークリフトのメリット・デメリットは以下のとおりです。

内熱機関式フォークリフト
(エンジン式)
蓄電池式フォークリフト
(バッテリー式)
メリット 1, 長時間作業が可能に
2, 仕事の効率化に◎
 (パワー&スピード有)
3, 充電の必要なし
1, 排気ガスがない
2, 低騒音
3, 構造が単純で故障が少ない
デメリット 1, 小回りがきかない
2, 本体価格が高い
3, 排気ガスが出る
1, 長時間の連続作業には不向き
 (パワー不足、充電タイムロス)
2, バッテリーの交換費用が高い
適している環境 ●屋外
●民家から離れている
●屋内
●近隣が民家等でも◎
フォークリフトLPG ガスボンベの配送サービス
フォークリフト詳細へ

LPGフォークリフトのメリット

弊社では、内燃機関式フォークリフトの中でもLPGフォークリフトをおススメしており、LPGフォークリフト用のガスボンベを定期的に配送させていただいております。
LPGフォークリフトのメリットをご紹介しましょう。

1.ガソリンに比較して燃料費が安い

全国的にタクシーの燃料としても利用されているLPガス。
フォークリフトでも、その燃費のよさは発揮されます。
ガソリンの燃料価格は135 円/?。一方、LPGの燃料価格は85円/?(2015年4月時点、全国平均)。1?あたりの価格差はなんと50円にもなります。
ガソリンとLPGでは運転1時間あたりの燃料消費量にさほど違いはありません。
よって、燃料をより使うほどLPGの方がガソリンよりも燃料費が節約できます。
一日あたりに消費する燃料量によって、どれほどの節約につながるか、比較してみました。
燃料価格は日々変動しますので、必ず節約できる料金とは限りませんが、フォークリフト選びの参考にしてください。

ガソリンからLPGに燃料を変えた場合の節約できる料金

1日の使用リットル数 1日の節約料金 1ヶ月(20営業日) 1年(240営業日)
30リットル 1500円 3万円 36万円
40リットル 2000円 4万円 48万円
50リットル 2500円 5万円 60万円
※ガソリン:135円/?、LPG:85円/?、価格差50円の場合
※15kg容器は約26?です。(1?=0.58kg)

2.オイル交換が少なく、エンジン寿命も長い

ガソリンの場合、エンジンオイルを薄めたり、不純物が混じり、オイルを劣化させることがあります。一方、LPガスは完全なガス体です。
シリンダー内で完全燃焼するため、エンジンの摩耗を防止して寿命が長くなります。
このように、LPGフォークリフトだと、ランニングコストを抑えられます。

3.排気がクリーンで環境に優しい

排気ガス中のCO(一酸化炭素),HC(炭化水素),NOX(窒素酸化物)は、ガソリン車の1/3~1/6程度と言われています。
このことから、LPGフォークリフトは特に倉庫内作業に適しているといえます。

4.ガソリンフォークリフトをLPGフォークリフトに転換しよう!

若干の燃料装置を取り替えることにより、数時間でお手持ちのガソリンフォークリフトをLPガス仕様に転換できます。

フォークリフトLPG ガスボンベの配送サービス
フォークリフト詳細へ
※プロパンガスのご提供も行っています。詳しくはお問い合わせください。
072-889-1163( 受付時間:9:00~17:30)
お問い合わせフォームはこちら

関連記事