お問い合わせフォーム

LPガスの特徴

LPガスの特徴

LPガスとは?

LP ガスは「Liquefide Petroleum Gas」(液化石油ガス)の略称で、一般的に「LP ガス」または「プロパンガス」と呼ばれています。日本国内で幅広く利用されているLP ガスは「環境にやさしい」「持ち運びが容易」「災害時にも強い」という特徴をもっています。

環境にやさしいLPガス

環境にやさしいLPガス

温室効果ガスを削減するには、クリーンなエネルギーを効率的に利用することが必要です。LPガスは化石エネルギー(石油・石炭・LP ガス)の中でも天然ガスとともにCO2 排出量が少なく、燃焼時の排ガスも極めてクリーンなエネルギーです。
LPガスの品質は出荷段階において、硫黄分や残渣分等の不純物濃度が、規定値以下になるよう厳密に管理されています。したがって、燃焼時に発生する排気ガスは硫化物やすすといった人体に有害な物質をほとんど含まず、屋内でも安心して利用できます。

持ち運びが容易で、利用分野が広いLPガス

持ち運びが容易で、利用分野が広いLPガス

LPガスは容易に液体にすることができ、体積は気体時の1/250 となるので、LPガス容器に充填してどこにでも持ち運ぶことができます。このため、都市部や郊外のみならず離島や山間部等の地方における重要なエネルギー源として、幅広く利用されています。

地震などの災害にも強いLPガス

地震などの災害にも強いLPガス

地震などの災害が多い日本では、災害発生時においても安定的に使用可能なエネルギー源を、確保することが重要な課題となっています。LP ガスは各ユーザーごとに個別に供給可能な「分散型エネルギー」なので、災害発生時にガスの供給が遮断された場合でも、個別に調査・点検することで迅速に復旧させることが可能です。
また、分散型のため一時的な避難場所や仮設住宅にも、必要に応じて供給設備を設置することが可能で、熱源エネルギーとして被災者の生活を支援します。
<東日本大震災でもLP ガスが活躍> 被害が大きかった3 県(岩手、宮城、福島)のLP ガス供給世帯160 万戸のうち、復旧不可能な8 千件を除き、5/5 時点で全戸復旧しました。

発熱量は都市ガスの約2倍

地震などの災害にも強いLPガス

LP ガスの発熱量は、1 立方メートルあたり約24,000kcal、都市ガスの発熱量は約10,750kcal。LP ガスは都市ガスに比べて約2.2 倍の熱量を持つことになります。 ご家庭や店舗ではハイカロリーで手早く調理でき、工場などでもヒートアップに要する時間が短いので、操業時間の短縮にも役立ちます。

プロパンとブタンの物理的性質一覧表

プロパンn-ブタン備考
原子式C3H8C4H10
分子量4458
常温常圧で気体 液1Kgの気化容積
(標準状態)
509L/kg387L/kg
液1Lの気化容積
(標準状態)
274L232L市販LPガスでは約250倍
ガス比重
(標準状態)
1.522空気より重い
ガスの密度
(標準状態)
1.96kg/㎥2.59kg/㎥市販LPガスは約2kg/㎥
常温加圧で液体 液の密度530kg/㎥603kg/㎥水の約半分の重さ
沸点-42℃-0.5℃
蒸気圧0.73MPa0.11MPa
液体の熱膨張約20倍約9倍容器への過充てんは危険
燃焼の特性 発熱量
(標準状態)
1kg当たり約50MJ約50MJ同一質量では、プロパンとブタンはほぼ同じ。
1㎥当たり約99MJ約128MJ
完全燃焼に必要な理論約24倍約31倍
燃焼範囲
(容量%)
2.1~9.51.8~8.4工業用以外は空気中で容量が1/1000以上になれば臭いで感知できるように着臭してある。
その他の特性
  • ・溶解性(油脂類や天然ゴムを溶かす。)
  • ・プロパンの着火温度は 約460℃~520℃に対して、ガソリンの着火温度は 約210℃~300℃です。プロパンの着火温度はガソリンよりも高いことがわかる。
  • LPガスは燃焼時に水分がでます。プロパンを空気中で燃焼(プロパンと空気の酸素が結合)させると、炭酸ガスと水が生成します。この変化は、C3H8+5O2 → 3CO2+4H2O として表されます。この4H2Oが水分の発生を示します。
※プロパンガスのご提供も行っています。詳しくはお問い合わせください。
072-889-1163( 受付時間:9:00~17:30)
お問い合わせフォームはこちら