お問い合わせフォーム

防災対策・備蓄

防災対策・備蓄

マンション、賃貸アパートの管理オーナー様へ、災害時にLPガスを

LPガスは、クリーンで環境負荷も少なく、地震などの災害にも強いエネルギーです。
入居者の方の快適性にもつながり、不動産の物件価値を高く保てるメリットがあります。
さらに配管工事や設備機器などの初期導入コストも低く抑えられるため、賃貸住宅経営における収益性の安定にもつながります。
ELGではLPガスの導入に限らず、災害時のLPガスの活用など、これまでの数多くのノウハウから、 入居者の快適・安心やオーナー様のメリットにつながる様々なご提案をさせていただきます。

災害時、いざという時のLPガス

LPガスは「災害時に強いエネルギー」。
現在、日本国内で法律によって備蓄が義務付けられているエネルギーは石油とLPガスの2種類だけです。
海外からの供給途絶や地震等の災害発生時にできるよう対応できることが大切です。
過去LPガスは、災害において大きな役割を果たしてきました。
たとえば電気やガスは送電線や導管などのパイプラインで供給されています。 そのため、一度パイプラインが切断されてしまえば、災害時の修復に時間がかかってしまいます。
一方LPガスはガスボンベで保管できます。
東日本大震災でも、津波や地震により被災地のLPガス供給基地も大きな被害を受けましたが、 関係者による懸命の努力により、LPガスの供給に大きな支障を生じることはありませんでした。
さらに、「LPガス小容器ボンベ」と「発電機」を移動することにより、どんな場所でも発電が可能になります。

手軽に持ち運びが可能

「LPガス小容器ボンベ」は、2kg~10kgまでとサイズが小さく、持ち運びが出来るのがメリット。
場所を選ばずに、ガスの供給が可能です。
災害時に実際に使用する住民が利用しやすいものを選びましょう。
また自家発電も可能な商品もあります。
火力・電力の確保がLPガスで可能になります。

手が汚れない

従来のガソリンタイプの発電機では、手が汚れてしまうのが課題でした。
災害時には、水も貴重な資源。
一方ガス発電機は、ボンベを使用するため手を汚さずに使用できます。

備蓄に安全

ガソリンは補給時に気化しやすいため、室内倉庫に備蓄すると危険性も高いです。
LPガスなら、液化してガスボンベに保管されているため、安全で備蓄に適しています。

今後30年以内に震度6弱以上の地震がくる

地震調査委員会の平田直(なおし)委員長は、「(パーセントの)数字が大きいということは過去に繰り返し強い揺れに見舞われたということです。明日、地震が来るかもしれないし30年後かもしれないけども地震がくるのは間違いないです」と発言しています。

確率論的地震予測地図

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率
(出典 地震調査研究推進本部事務局 「文部科学省研究開発局地震・防災研究科)」 )

注目されるBCP(事業継続計画)

■企業の防災(地震)への取り組み

2011年の東日本大震災以降、BCP(事業継続計画)を策定する企業が増え、大企業では「策定済」と「策定中」を加えると、8割強が対策を始めているのに対して、中小企業では5割に届いていません。

■BCP(事業継続計画)とは

地震や洪水などの自然災害、感染症や大事故などが発生しても企業が重要な事業を中断させない、または中断したとしても可能な限り短い時間で復旧させるための方針、体制、手順を示した計画のことです。

災害時の備えた燃料備蓄に必要性

Q.なぜ、燃料備蓄が必要?

A.災害発生時、電気やガスの供給網や道路等の寸断により、エネルギー供給が途絶される可能性があります。
これらの復旧には数日かかる場合があるため3日分以上のエネルギー備蓄が必要です。

Q.どのような施設に燃料備蓄をすべきか?

A.災害時に機能を維持すべき自治体庁舎や避難者を受入れる公民館、学校などの施設、また医療施設、福祉施設(老人ホーム他)、保育所など避難困難な者が多数発生する可能性がある施設においては、命を守る為の燃料を備蓄しておくことが必要です。

Q.どのような燃料を備えるべきか?

A.施設が維持すべき機能や設備に応じて、LPガスなどの分散型エネルギーが有効です。
LPガスは長期間でも品質劣化がなく、非常用発電機や炊き出し用の調理器具など対応する設備も多様で燃料備蓄の手段として優れています。

電力としてのLPガス

災害時には停電が起こる可能性も。
大規模災害時には、電力復旧まで時間がかかります。
阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)では、電力復旧に4日間かかりました。
また東京都で直下地震が起きた場合、約10%の家屋が停電。電力復旧までに約1週間かかるとされています。
そういった時でも、防災拠点、救護物資の配送拠点での電源として。
電気ポット、ライト、炊飯器等家庭用電源として。
LPガスを利用した「ポータブル発電機」なら手軽に電気が使え、大変便利です。

※1「兵庫県南部地震における消防活動概要平成7年1月17日発生」(兵庫県西宮市消防局西宮市消防団まとめ)。
※2「東京における直下地震の被害想定に関する調査報告書」
  (東京都防災会議事務局・東京都総務局災害対策部防火計画課 編集)より。

防災対策・備蓄 防災対策・備蓄

LPガスポータブル発電機

LPガス燃料で長時間の使用も可能のガス発電機。
LPガスなので、燃料も劣化せず、取り扱いも安心です。
インバータ制御なので電気の品質も安定した高品質。

MGC-900GP〔ガス燃料〕
ポータブルガス発電機+8kg容器
標準価格:126,220円(税込)+容器14,190円(税込)
※送料・設置費・エンジンオイル・ガス充填配送料は含んでおりません。8kg容器で約16時間利用できます。

EU9iGP〔ガス燃料〕
ポータブルガス発電機+専用供給BOX付+8kg容器
標準価格:243,980円(税込)+容器14,190円(税込)
※送料・設置費・エンジンオイル・ガス充填配送料は含んでおりません。8kg容器で約16時間利用できます。

この商品をもっと見る


お問い合わせフォームはこちら

火力としてのLPガス

「LPガス小容器ボンベ」と「鋳物コンロ」を組み合わせることで、火力の確保が可能になります。
災害時、電力・火力は復旧に時間がかかる場合がありますが、LPガスなら早期復旧に役立ちます。
また避難所やイベントなど一度に多人数の炊き出し、炊飯調理などにもご利用頂けます。
LPガス小容器ボンベ 5kg

LPガス小容器ボンベ 5kg

東日本大震災で、被災地のエネルギー供給に大きな役割をはたしたLPガス。
東日本大震災の被災地では、水道、電気、都市ガス、石油製品などの供給再開に相当の日数を必要としたが、LPガスだけは、わずか数日で供給の再開を実現した。

容器販売価格11,660円(税込)+LPガス充填2,750円(税込)
製品名LPガス小容器ボンベ 5kg容器
高さ約44.9cm
直径約25.0cm
重さ ※空ビン約7.2kg

※配送料は別途必要です。

この商品をもっと見る

モバエネ君(LPガス供給スタンド)

モバエネ君®(LPガス供給スタンド)

美観を損なわず、安心安全でご利用いただけるように、ガス供給メーター付でご利用いただけます。
ガスの使用量もメーターで管理することが出来ますので、ガス切れの心配がございません。
もしも震度5相当の地震が発生した場合はメーターでガスの供給をストップ致しますので安心です。
※ガス設備は屋外に仮設いたします。
※別途お見積りとなります。


鋳物コンロ2重

鋳物コンロ2重

21,340円(税込)

鋳物コンロ3重

鋳物コンロ3重

35,970円(税込)


ご利用者様の声

●ヒラオカ石油様

ヒラオカ石油様

・導入設備

モバエネ君50kg用2台 7kw発電機2台

・導入理由

昨年の台風19号の時に東日本でライフラインが止まり大きな影響が出た。
災害への認識が大きく変わった瞬間でした。そこから準備に取り掛かりました。

・LPガスにした理由

劣化しないのが一番大きいです。いざという時に使えないと意味がありません。

●東大阪冷蔵様

東大阪冷蔵様

・導入設備

LPガスバルク980kg 54kva発電機 X 2

・導入理由

冷蔵倉庫にとって、電力は全ての源である一方で、昨今の災害の激甚化と共に停電のリスクがおおきなものとなってきた。
万が一、停電が長時間に及んだ場合、庫内温度の維持に支障をきたす可能性もある一方で、社会に食品を供給し続ける事は冷蔵倉庫の社会的使命であり、安易に業務を休止する事もできない。そういった状況の中で、さらなる寄託者の信頼獲得と社会貢献の観点から、今回の発電機導入に踏み切った。

・LPガス選択の理由

軽油に比べ、イニシャルコストはやや割高となるものの、燃料管理の容易さは、可用性の高さに繋がる大きな魅力であった為、LPガスを選択した。

東大阪冷蔵様

ELGのBCP訓練

災害を想定した防災訓練の様子

お問い合わせフォームはこちら

動画

導入事例・関連記事