お問い合わせフォーム

フォークリフト用 LP ガス

ランニングコストが安くエンジンにも優しい

ランニングコストが安くエンジンにも優しい

LPガスは、フォークリフトの動力燃料にも利用されています。
ガソリンに比べると燃費が非常によくて、オイル交換も少ないのでエンジンの寿命も長くなります。
倉庫内などの使用環境でも空気をあまり汚さないので、近年LPガスの利用が増加しています。


倉庫や大型店舗に使われる場合

倉庫や大型店舗に使われる場合 倉庫や大型店舗に使われる場合

フォークリフトは毎日酷使されるマシンなので、エンジンなども傷みやすくトラブルが絶えません。
LPガスに替えると、補給がしやすくなりエンジン寿命も長持ちに。
ガスが少なくなれば、ELGがいつでも配達いたしますので、燃料切れといった心配もなくなります。


LPGフォークリフトのメリット

弊社では、内燃機関式フォークリフトの中でもLPGフォークリフトをおススメしており、LPGフォークリフト用のガスボンベを定期的に配送させていただいております。
LPGフォークリフトのメリットをご紹介しましょう。

1.ガソリンに比較して燃料費が安い

全国的にタクシーの燃料としても利用されているLPガス。
フォークリフトでも、その燃費のよさは発揮されます。
ガソリンの燃料価格は135 円/ℓ。一方、LPGの燃料価格は85円/ℓ(2015年4月時点、全国平均)。1ℓあたりの価格差はなんと50円にもなります。
ガソリンとLPGでは運転1時間あたりの燃料消費量にさほど違いはありません。
よって、燃料をより使うほどLPGの方がガソリンよりも燃料費が節約できます。
一日あたりに消費する燃料量によって、どれほどの節約につながるか、比較してみました。
燃料価格は日々変動しますので、必ず節約できる料金とは限りませんが、フォークリフト選びの参考にしてください。

ガソリンからLPGに燃料を変えた場合の節約できる料金

1日の使用リットル数 1日の節約料金 1ヶ月(20営業日) 1年(240営業日)
30リットル 1500円 3万円 36万円
40リットル 2000円 4万円 48万円
50リットル 2500円 5万円 60万円
※ガソリン:135円/ℓ、LPG:85円/ℓ、価格差50円の場合
※15kg容器は約26ℓです。(1ℓ=0.58kg)

2.オイル交換が少なく、エンジン寿命も長い

ガソリンの場合、エンジンオイルを薄めたり、
不純物が混じり、オイルを劣化させることがあります。
一方、LPガスは完全なガス体です。
シリンダー内で完全燃焼するため、エンジンの摩耗を防止して寿命が長くなります。
このように、LPGフォークリフトだと、ランニングコストを抑えられます。

3.排気がクリーンで環境に優しい

排気ガス中のCO(一酸化炭素),HC(炭化水素),NOX(窒素酸化物)は、ガソリン車の1/3~1/6程度と言われています。
このことから、LPGフォークリフトは特に倉庫内作業に適しているといえます。

4.ガソリンフォークリフトをLPGフォークリフトに転換しよう!

若干の燃料装置を取り替えることにより、数時間でお手持ちのガソリンフォークリフトをLPガス仕様に転換できます。
フォークリフト用のガス15kg、20kgボンベは別途お見積りとなります。また、提供エリアが限られておりますのでご了承ください。

※プロパンガスのご提供も行っています。詳しくはお問い合わせください。
06-6743-2113( 受付時間:9:00~17:45)
お問い合わせフォームはこちら

動画

導入事例・関連記事